MENU
Lecoeul plus RECRUITING

STAFF INTERVIEW ルクールプラス 社員インタビュー

01

TAKUMU.N ソリューション営業本部
NB営業部
サブリーダー

新卒入社

“目標に向けて、今すべきことを120%やりきる”
  • ルクールプラスを選んだ理由は?

    一言で言えば、インスピレーションです。
    説明会も他社とは全く違っていて、話の途中で身体の芯から震えあがったことは今でも忘れません。とは言っても、この話が印象的!というものは記憶にありません。
    それでも、社会人になるということに対して、漠然とイメージしていた”なりたい自分”という姿が、『この会社でなら作ってもらえる』、『この環境なら自分自身で作り上げられる』と確信できたのがこの会社に入社を決めた一番の理由です。

  • 内定者合宿を経ての変化は?

    全4回の内定者合宿は、回を重ねるごとに自分自身も同期のメンバーも変わっていっているなと感じられるものでした。
    その感覚は、入社に向けた高揚感に近いものだったのかなと今では感じます。
    合宿を通して、自分の中で大きな変化は、自己表現力と仲間意識です。大小関わらず様々な集団の中で、いかに自分らしく、そして仲間のためになるような行動を常に選択し続けられるか。今までなんとなく決めてしまっていた選択を、どんなことを考えて、どういった意図で選択をしたのかを意識するようになりました。
    仕事、プライベート関係なく、自分のことも相手のこともよく考えられるようになりました。

  • 現状の仕事について

    日々自分の成長を感じられるような仕事が出来ています。
    『昨日よりも今日。今日より明日。日々1%でも成長をすること』をモットーに、成功体験も失敗体験も、一つの経験値として、どんどんステップアップしています。もちろん、うまくいくことが多い時は全部が楽しく感じます。
    反対に、うまくいっていないときこそ、どうすれば改善できるか、どうすれば楽しめるかを考えると常に前向きに仕事に取り組めます。
    休みの日にリフレッシュをすることも仕事の効率性をあげるためには大切です!

  • ルクールプラスに入社して変わったことは?

    物事に対して、広い視野で考えたり、深く考え込んだりするようになりました。
    もちろん、新聞やテレビのニュースに対しても、人に対しても、自分自身に対しても。無責任とかテキトーとかが許せない身体になってきているのかもしれないです。きっとこれは社会人になったから、ということ以上にルクールプラスという会社で、他では経験できないことをたくさん、たくさん経験出来ているからだと思います。

  • 今後、3年間の目標

    入社前から決めている、営業のエースになること。つまり、ルクールプラスの営業のトップになることは3年以内での目標です。
    いくら稼ぎたいとか、具体的にこういう役職に就きたいとか、起業したいとかは今のところ考えていません。
    今やるべきことをやり続け、達成し続けられれば、その結果に応じて会社が自分を評価してくれるので、まずは目標に向けて、今すべきことを120%やりきることが全てです。

  • 後輩に伝えたいことは?

    社会人になるということは、今までのなんとなく歩んできた道のりの答え合わせをして、もしもそれが間違っていれば、それを正してさらに前へと進んでいくということです。
    今まで引っ張ってくれたり、背中を押してくれた人はいなくなります。自分が変わりたいと思ったとき、先の見えない場所へ一歩踏み出せるかどうかは、友達でも先輩でも親でもなく自分次第です。その勇気と覚悟を持てれば、社会人1年目のスタートダッシュを決められるはずです。

  • ルクールプラスってどんな会社?

    自分の中では、もう一つの家族みたいなところです。
    親のように、時に厳しくも愛のあるアドバイスをくれる上司がいて、お兄ちゃんお姉ちゃんのように、優しく教えてくれたり相談に乗ってくれる先輩がいて、一緒に頑張っている兄弟みたいな同期のメンバーが居て、不器用ながらに一生懸命で、面倒見の良い弟みたいな後輩もいて本当の家族みたいなアットホームな場所です。